Carry Tea Bottle 便利 簡単 美味しい 経済性
すべてがわかる

 

    使い方             お茶を入れてから  上蓋と底蓋のしめ方、傾けないで垂直にゆっくり回してください。
                      正しく螺子を締めるように、ぴったりとしめ切ってください。
                      螺子切りはバーナーで熱して人間の手でつけます。日本で全品しまり具合の検品しています。

                

   耐熱ガラスの長所       ホウケイサン耐熱ガラス  低膨張ホウケイ酸ガラス
                      線膨張係数が非常に小さく特に耐熱衝撃性に優れれいます。
                              開発者のコーニング社の製品(パイレックス)として知られている


   実際の使用手順 
  すべての部品あります。(ガラス本体も)

急須 水筒 タンブラーの役割します。
毎日使いますとシリコンパッキンが磨滅しますと水が漏れます、スペアもそろえています。
携帯用 380ミリリットル入ります。茶葉は、2回分出ます。 一日の水分摂取量。常温水補給するだけです。

 


     本物の味         

  本物の茶葉で好みの味をつくる。
  湯の温度、量でタンニンの渋みを調整する。
  水だけなら渋みは、出ません。
  好みの味を持って外出 水を補給して飲む。

    お茶以外にコーヒーも水出し作れます。 どんなお茶でもOK

    ガラスは、匂いが残りませんから1本でなんでもOK




 
 焙じ茶        煎茶         紅茶  コーヒー レギュラー 
ガラスだから味わえる

ガラスの口が大きいから

飲みやすい。

口当たりがよいから美味しい。

そろそろ脱ペットボトル
地球環境にやさしく


使う茶葉は3g  緑茶の場合コスト計算

100g・800の茶葉使います。
1回に使う茶葉は、約3g

100g÷3g=24.24  100gのお茶は24回 飲めます

800÷24=33.33   1回にかかるお金は、約35円 


茶葉を使って飲むお茶は、美味しい 安い 本物は、健康の元

 
 

 この製品の位置づけ
このボトルは、ほぼペットボトルと同じ大きさです。現在お茶の消費の減った原因は、ペットボトルの普及にあります。そのペットボトルと区別して茶の復権をするために耐熱ガラスのボトルを使います。
本物の味を(ペットボトルの一般価格)130円の価格に対して35円で作り出せる経済性さらに環境問題として石油製品の排除が始まります。冷たいお茶を飲んでいる若い人たちに、ガラスボトルを携帯してもらう。他にペットボトルの飲み口より大きいガラスボトルの口径は、飲みやすくむせることが減ります。25/35mm



  このボトルのマーケットでの問題

  現在安い価格で通販で売っているのは、中国の通販会社で中国からダイレクトに送る店です。
日本人に対しての説明不足やガラス瓶の汚れや傷があります。一番気になるのは、漏れです。
弊社としては、直接工場から輸入しますので、両方の蓋の締り具合を手で回して検査します。
しかし斜めに傾けて締めるとずれて締まる場合もあり、漏れるにつながります。
またシリコンパッキンは長く使うと摩耗します。其れでこのパッキンについては、交換用を\100円でそろえています。他の部分、本体のガラス瓶もパーツとして用意しています。 
蓋や茶漉しの部品が残ればガラスの本体も欲しくなります。