窯の炎が造る文様 甚秋の焼締茶注 炎と土、土と蔓、土と技が常滑焼の急須になります
伊藤成二 「甚 秋
JINSYU TOKONAME TEAPOT


窯変 茶注・・・・ 後手 横手 上手
Change in kiln Teapot ・・・bac side upper handle
白土窯変・・甚秋窯・・>
White clay   Ginsho kiln

網 「ささめ」
 GIN-22 \21,000 580cc GIN-32 \36,000 470cc  角型   


 
 GIN-22 \21,000 580cc   Sasame (Clay mesh screen)

甚秋 花器